締めは遺品整理をしっかりと|スゴ腕葬儀サービスは色んなところに

家族で行なう

家族葬とはどのようなお葬式か

家族葬を執り行う方がここ数年で増加傾向にあります。家族葬とは、文字通り亡くなられた方のお葬式を家族のみで行うお葬式です。「家族」に対する厳密な定義はなく、一般的には同居の家族を指しますが、故人のきょうだいが参列するケースもあります。 家族葬も、通常のお葬式準備と同じように葬儀社に依頼します。参列をお断りする関係で、少なくとも親族には同意を得る必要がありますので、親族にはできれば生前のうちに話をしておくのが理想です。近年ではニーズの高まりを受けて、「家族葬プラン」のようなお葬式プランを用意する葬儀社も増えています。一般の参列者がいないことから、棺も簡素なものにし、祭壇も飾らないケースも多いものです。もちろん、一般葬同様、棺や祭壇のランクを選ぶことも可能です。ご家族の納得のいく形をとりいれたお葬式を行うことができます。

小規模でのお葬式について

日本のお葬式というと、家族・親戚・友人・知人をはじめ、故人やその家族とかかわりのあるあらゆる方が参列するのが一般的でした。もちろん、今でも多くの会葬者によるお葬式は行われていますが、小さい規模でのお葬式も増加しています。 先述した家族葬もそうですが、同じく小規模でのお葬式には密葬があります。家族葬が家族だけで執り行うのに対し、密葬は家族や近い親族、親友など近しい方々を集めたお葬式です。もともと、密葬の後に本葬を行い、一般の方には本葬に来てもらう形式だったのですが、近年では密葬でとどめる方も増えています。 家族葬と密葬に共通するのは、限られた方にのみ葬儀日程をお知らせし、そのほかの方には参列をご遠慮頂くという点です。そのため、あらかじめ香典をご辞退する旨を記した文書を用意するのが一般的です。