締めは遺品整理をしっかりと|スゴ腕葬儀サービスは色んなところに

お墓を決める

元気なうちに、話し合いをしておくことが大切

夫婦墓とは、長い年月を過ごした夫婦が一緒に入る墓のことです。夫婦墓を建立すると、残された家族が幸せになり運気が上がるとされています。また、天国でも一緒に暮らすことができるとされており生まれ変わって来世でまた一緒に添い遂げることができるとされています。お墓は、家族の繁栄を象徴するものとして大切にされています。パートナーが他界した際に夫婦墓を建立するのであれば、生前に話し合っておくことが重要です。墓に対する概念は生まれ育った環境や人生経験によって異なるので、元気なうちにどのようにしたいのかを決めておくことが大切です。残された子供たちにも影響する事になるので、家族で話し合って方向性を決めることが大切です。

多様化する価値観によって、夫婦墓は珍しくない

夫婦墓を用意しようと考えている方は、戒名の位置に注意しなければなりません。夫婦同時に他界すると言うケースは滅多にないので、どちらかが先に旅立つことになるはずです。仮に夫が先に他界した際には、墓石裏面の戒名を記載する場所を左側を少し空けて右寄りに記載してください。後から亡くなる妻の名前が左側にくるので、この点に注意をしてください。仏になってからも仲良く過ごすことができるようにするための、夫婦墓のしきたりになっています。墓に対する概念が多様化しているので、長年連れ添った信頼する夫婦だけで墓に入りたいと願うことは自然の流れです。従来の価値観に捉われることなく、自分たちの理想と思いで建立する事が何よりも重要です。